学習塾

gakusyu

受験生を守る風邪対策にも

日本における受験シーズンは1月~3月の寒い時期です。この時期はインフルエンザの流行する時期でもあります。

合格圏内にいた人が体調を崩し、実力を発揮できなかったり、ましてや受験できなかったりでは悔やんでも悔やみきれません。
しかし、受験生の健康管理は現在「健康管理も実力のうち」といって本人任せとなっています。そこで弱酸性除菌水の「レドックスター」です。レドックスターを室内に噴霧し風邪やウィルスを撃退し感染を防止しましょう。学習塾等の人が集まるところはもちろん、それぞれの自宅でも加湿と同時に空間除菌を行うことをを勧めします。
レドックスターは現在、病院や消防署等の医療現場において、体に害の無い除菌水として注目を集めています。
※ある研究者は、特別な装置を使っておよそ5000万個のウイルスをクリーンルームに放出、数時間ごとにその空気を回収し、ウイルスの生存量を計測しました。その結果、9時間後に5000個のウイルスが生きていることが明らかになりました。このことから、インフルエンザにかかった患者さんがくしゃみをすると、「飛まつ」の中のウイルスは長時間飛まつ核となって空気中を浮遊していると考えられます。 レドックスターこれらのウィルスを確実に撃退します。