製紙工場

redimage06

製紙工場のウェットエンドの浄化や消臭に貢献します

  1. ペーパースラッジを原料として再投入
  2. 家庭紙抄紙のカビや細菌の除去
  3. バイオフィルムの完全除去
  4. スケールの減少
  5. ピッチコントロールと紙力の増強
  6. 悪臭対策
  7. 漂白
  8. 古紙原料価格の高騰にも対応

ペーパースラッジを原料として再投入
リサイクル率を向上させ、歩留りを飛躍的に良くします。また確実にペーパースラッジを減少させます。

家庭紙抄紙のカビや細菌の除去

レドックスターの除菌効果で家庭紙等に付着したカビや細菌等をほとんど撃退しますから衛生的で臭いも除去できます。

バイオフィルムの完全除去

菌の種類により薬剤を変える必要のあるスラコン剤と違い、広い抗菌スペクトルで全ての菌を不活性化させます。24時間続けて添加することで菌数を2~7オーダー減少させ、バイオフィルム(スライム)の発生を抑えます。また、微生物の細胞壁や細胞膜などの細胞そのものを破壊するレドックスターは耐性菌の形成はありません。黒カビの様な真菌類の発生も抑えます。24時間続けて添加することにより、有効塩素濃度を維持することで還元し物質の影響を受けません。

スケールの減少

配管内に付着する厄介なバクテリアやカビ等を酸化分解し同時に炭酸カルシウム等を中和溶解することで付着を防止します。これによりウォッシャーやインレットをはじめとする系内のスケールが除去され、クリーンなウェットエンド環境が実現し、定修の手間や回数が軽減されます。

ピッチコントロールと紙力の増強

ビニールやアクリル系等による化合物のエステル部分を酸化分解してピッチを抑えます。
白水ピットにレドックスターを添加することでピッチコントロール剤や紙力剤、硫酸パンド等の使用量が約5%~15%減ることが確認されています。酸化作用機序により、アニオントラッシュを中和分散定着させることにより、紙力剤と硫酸バンドのイオン的な相互作用が高まり、紙力が強化されます。白水ピットにレドックスターを添加するとゼータ電位が下がる傾向にあるため歩留の向上が期待できます。

悪臭対策

白水にレドックスターを注入すると白水内の悪臭物質が分解されます。同時に除菌も行いますので細菌による腐敗なども起こりません。確実に工場全体の悪臭が無くなり労働環境や周辺環境が大きく改善されます。

・周辺からの苦情増加に伴い悪臭防止法が強化されています。

近年、工場付近にマンションや一般住宅が相次いで建設され周辺環境が大きく変化するに伴って、工場の悪臭に対する苦情件数が急激に増えています。そのため臭気に対する対策が早急に求められるため、事業場から発生する悪臭を規制するのが、悪臭防止法です。ひとたび苦情が発生した場合、適切な対策を講じなければ、業務の改善勧告や改善命令が行われ、さらに懲役や罰金が科せられる場合もあり、事業場のイメージの損失にもつながります。

・人にも環境にも優しいレドックスター

レドックスターの有効成分は、次亜塩素酸(HOCl)です。
赤ちゃんが使う哺乳瓶や保育器等の高い安全性が求められる器具の消毒等に使用されて来た成分と同様の安全性を次亜塩素酸は持っています。
そればかりではなく、人体で異物を除去するためにも活躍していることから次亜塩素酸の安全性が十分ご理解いただけると思います。
従来の消毒液は中和処置を行わないと環境汚染を引き起こす恐れが有りましたが、レドックスターはそのまま排水しても環境に与える影響は殆ど有りません、また肌に近い弱酸性ですから手荒れの心配も無く安心です。

・直接脱水前の汚泥に注入して臭いは元から断つ

脱水する前の汚泥にレドックスターを直接注入することにより汚泥の臭いの大元を強力に脱臭します。これにより悪臭をなくすことができます。

漂白

漂白作用を持つレドックスターを、古紙を中心とする原料の仕込水に添加しておくことにより、着色有機物を分解して水が浄化されると共に原料そのものが漂白されます。

古紙原料価格の高騰にも対応

古紙の除菌と消臭を行い、リサイクル率を向上させ、歩留りを良くすることで原料価格の高騰にも対応できます。